Mix-1GP ルール

MIX-1GPは原則的にTDLルールを採用します。
推奨ルールも混在するため、トーナメント中に発生しやすい下記の点においては以下の対応となります。

全ゲーム共通

  • 規定ベット額に対して満たしていないレイズ額でのオールインに対して、レイズ権を所有しているプレイヤーがレイズする場合は、規定ベット分を上乗せする
    【例】
    100-200のプリフロップで、UTGのプレイヤーが225のオールインをした場合、以降のプレイヤーがレイズする場合は、225に規定ベットの200を上乗せし、425とする。
  • レイズは必要額の50%を超えるオールインに対して、他のプレイヤーにリレイズ権が発生する。
  • レイズは、1ベット4レイズの5BETキャップとする。ただし、ヘッズアップ(アクティブなプレイヤーが2名)の場合は無制限となり、双方がレイズを繰り返し、オールインしたいという意思確認を相互が行った場合、途中のレイズの繰り返しは省略してもよい。
  • ハイローゲームにおいて、2名のプレイヤーがハイおよびロー両方と勝っている場合(ハイチョップ&ローチョップ)の場合は、本来はハイローポットを作成した後に、さらにスプリットしてそれぞれ渡すが、TDLの推奨手順にのっとり省略して、ポットを2つに分けた時点で渡すものとする。

スタッド

  • ミスディールによるオープンカードは3RDストリート(一番最初のオープンカード)として扱うが、1回のハンドで2枚以上エクスポーズした場合はミスディールとなり、リシャッフルとする。
  • オープンカードが同一数字の場合、ディーラーからのポジション順ではなく、強い数字のスートでベット順序を決定する。